任意後見 費用

  • 後見制度と家族信託の違い~認知症対策の最適な選択とは~

    後見制度には「法定後見制度」と「任意後見制度」があり、これらと「家族信託」が認知症対策として活用されています。 法定後見制度とは、判断能力が低下した人が不要な契約を締結したり、資産の管理を誤ったりして不利益を被ってしまうのを防ぐために、身上監護や財産管理という後見事務を行う成年後見人(保佐人・補助人)を選任します...

  • 成年後見制度の種類とは~法定後見と任意後見の違い~

    成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度の2種類があります。 ■法定後見制度法定後見制度には、本人の判断能力の程度によって、成年後見・保佐・補助の3種類があります。成年被後見人は、判断能力が全くない方であり、簡単な買い物も困難な状態にあります。後見人は、財産に関するすべての法律行為について代理権を有し、日用品...

  • 成年後見制度申立て手続きの流れ

    成年後見制度には、「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類があります。 ■法定後見制度申立ての手続き法定後見制度を利用するには、家庭裁判所に後見(保佐・補助)開始の審判を申し立てる必要があります。まずは申立ての準備をします。申立てに必要な申立書や必要書類を収集し、作成します。各家庭裁判所によって必要書類や書式が...

  • 家族信託とは

    家族信託のように、将来認知症などになって判断能力を失った場合に備えて財産を管理する人を選定しておく制度には、他に任意後見制度もあります。しかし、任意後見制度には様々な制約があり、柔軟な運用が難しいことがあるため、家族信託を選ぶ方も少なくありません。 また、家族信託には遺言書のような効力があるということがメリットだ...

  • 不動産登記を司法書士に依頼するメリット

    費用面を考慮しながら司法書士への相談も検討してみましょう。 ■煩雑な手続きをすべて任せることができる不動産登記は書類の収集や作成など、手間がかかる作業が多く、手続きに慣れていない方だと煩わしく感じられるでしょう。書類の提出先や作成方法など調べることが多く、手続きを進めるのにかなりの時間を要します。司法書士に不動産...

  • 抵当権抹消の手続きは自分でもできる?自分でする際のメリット・デメリット~

    このように、自分で抵当権抹消登記手続きを行うメリット・デメリットがあるため、費用面を考慮しながら司法書士への相談も検討しましょう。 一般社団法人すまいる相続・後見・信託センターは、横浜市(旭区、瀬谷区、保土ヶ谷区、泉区、戸塚区)や大和市を中心に、一都三県における不動産登記に関するご相談を承ります。当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用を...

  • 不動産登記はオンラインでできる?~オンライン申請手続きの流れとは?~

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 建物を新築したときや不動産の売買に伴う登記の種類

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 相続による不動産登記の名義変更の期限はいつまで?

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 所有権移転登記手続きの流れと必要書類

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 死亡後に凍結された口座を解除するには?必要書類や手続きの注意点

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 公正証書遺言作成の流れと必要書類

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 相続放棄の期限と手続きの流れ~トラブルにならない為の注意点~

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 相続登記でかかる費用~司法書士に依頼する場合と自分で行う場合~

    司法書士の報酬料金が加算されるため、後者の方が費用が掛かるのは当然ですが、まず手続き自体にどれくらいかかるのかを考えてみましょう。 相続登記を自分で行った場合、次の費用がかかります。・登録免許税・・・課税価格の1000分の4(0.・不動産登記事項証明書・・・1通600円・戸籍謄本・・・1通450円・除籍謄本・・・...

  • 相続できる人は誰?法定相続人の範囲と相続順位

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 遺産分割協議と遺産分割協議書の流れと作成方法

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 相続手続きの流れや必要な書類について

    被相続人が自営業者など、所得税の確定申告が費用な場合、被相続人に代わって準確定申告を行います。期限が定められているため、出来るだけ早く手続きを進めましょう。 【必要書類】確定申告書及び付表、相続人等の本人確認書類、給与や年金等の源泉徴収票など 6.相続人全員による協議により、遺産分割を行います(協議による遺産分割...

  • 成年後見制度とは?わかりやすく解説

    この制度には、法定後見制度と任意後見制度の2種類があります。法定後見制度は、本人の判断能力が不十分になった後から、家庭裁判所によって成年後見人などが選任され、権限が法律によって定められています。対して、任意後見制度は、事前に本人が後見人となる人や委任内容を定めておき、いざ判断能力が不十分になってしまった際にその契...

よく検索されるキーワード

代表挨拶

田近淳司法書士の写真

田近 淳(たぢか じゅん)

一般社団法人すまいる相続・後見・信託センターは、神奈川県司法書士会所属司法書士の田近淳を代表者として、横浜市(旭区、瀬谷区、保土ヶ谷区、泉区、戸塚区)や大和市を中心に、一都三県における相続などに関するご相談を広く承っております。

相続手続き、遺言執行、家族信託、成年後見制度等、お困りの際にはお気軽に当法人までお越しください。

代表を務める田近淳は、「司法書士」のみならず、「相続診断士」及び「民事信託士」の資格を保有しています。

メルマガ無料配信中 企業の成長と発展に役立つ情報満載!

お知らせ

法人概要

商号 一般社団法人すまいる相続・後見・信託センター
所在地

〒241-0814 神奈川県横浜市旭区中沢3丁目32番10号

【営業所】
〒241-0024 神奈川県横浜市旭区本村町105番地 ラテール旭2階
(田近淳司法書士事務所内)
電話番号 045-489-4860
営業時間 9:00~19:00
定休日 土日祝日(予約可)
相談料 初回相談・見積無料(60分)
アクセス 【営業所】 相鉄線二俣川駅(北口改札)から徒歩4分
関連サイト 田近淳司法書士事務所ホームページ