相続財産 調査

  • 相続による不動産登記の名義変更の期限はいつまで?

    相続財産に土地や建物などの不動産がある場合、その不動産登記の名義変更(相続登記)をしましょう。 相続登記自体は義務ではなく、相続登記を行わないことにより罰金や追徴課税が行われるというわけではありません。しかし、登記名義を被相続人のままにしておくと、その不動産を売却したり、担保にしてお金を借りたりすることはできませ...

  • 相続手続きの流れや必要な書類について

    後述の遺産分割協議では、相続人全員の参加が必須なため、誰が相続人となるかの確定調査を行います。また相続人調査と同時に、被相続人にどのような財産があるのかという財産調査も行いましょう。財産調査を行った際は、調べた財産をリストアップして財産目録を作成しましょう。 【必要書類】被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄...

  • 遺産整理

    遺産整理ではまず、相続財産調査し、何が相続可能な財産として遺されているのかを適切に把握する必要があります。 ■相続財産調査相続財産と言っても、その種類は多岐にわたり、それぞれ調査方法が異なります。預貯金であればカードや通帳を探したり、銀行に連絡を取るなどします。不動産であれば登記済証を探したり、担保となってい...

  • 生前贈与の効果的な活用方法と注意点とは?

    この場合、孫や子の配偶者などの相続人でない人に贈与すれば、3年以内であっても相続財産に持ち戻されません。 ■住宅資金贈与住宅取得資金贈与とは、自分が住むための家屋を取得、新築、増改築等をする代金に、父母または祖父母から贈与された金銭をあてる場合において、一定の要件を満たすときには、規定の非課税限度額までの金額につ...

  • 成年後見制度申立て手続きの流れ

    家庭裁判所の調査官が申立人や後見人候補者との面接を行い、後見人候補者が適格であるかを審査します。必要に応じて医学鑑定を行いながら、本人の判断能力、生活能力、財産管理能力などを確認します。裁判官が、後見等開始と、後見人選任の審判を行います。後見人には必ずしも申し立てた候補者が選任されるとは限らず、裁判所の判断で選任...

  • 不動産登記を司法書士に依頼するメリット

    当事務所は、ご依頼者様に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 抵当権抹消の手続きは自分でもできる?自分でする際のメリット・デメリット~

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 不動産登記はオンラインでできる?~オンライン申請手続きの流れとは?~

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 建物を新築したときや不動産の売買に伴う登記の種類

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 所有権移転登記手続きの流れと必要書類

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 死亡後に凍結された口座を解除するには?必要書類や手続きの注意点

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 公正証書遺言作成の流れと必要書類

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 相続放棄の期限と手続きの流れ~トラブルにならない為の注意点~

    借金があると考えて相続放棄をしたら、その後の財産調査で莫大な財産が見つかったというケースでも撤回できませんので(詐欺・強迫によって相続放棄をした場合など、撤回が例外的に認められるケースもある)、期限に気を付けつつ、慎重に判断しましょう。 一般社団法人すまいる相続・後見・信託センターは、横浜市(旭区、瀬谷区、保土ヶ谷区、泉区、戸塚区)や大...

  • 相続登記でかかる費用~司法書士に依頼する場合と自分で行う場合~

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 相続できる人は誰?法定相続人の範囲と相続順位

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 遺産分割協議と遺産分割協議書の流れと作成方法

    当事務所は、ご依頼者に余計な時間と費用をかけない「最短距離」をお示し、弁護士、公認会計士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士など、他士業と連携してご依頼者様の抱えるさまざまな問題に対処していきます。お一人で悩まず、まずは当事務所までご相談ください。

  • 遺言書検認を作成

    遺言書は、生前に自身の相続財産についての分割方法を指定する文書の事を指します。遺言書には種類が複数あり、多く用いられるのが自筆証書遺言と公正証書遺言です。自筆証書遺言は、遺言者が全文、年月日、氏名を自筆し、印を押す遺言書を指します。そして、公正証書遺言は、2人以上の証人立会いの下、遺言者が口述した内容を公証人が遺...

よく検索されるキーワード

代表挨拶

田近淳司法書士の写真

田近 淳(たぢか じゅん)

一般社団法人すまいる相続・後見・信託センターは、神奈川県司法書士会所属司法書士の田近淳を代表者として、横浜市(旭区、瀬谷区、保土ヶ谷区、泉区、戸塚区)や大和市を中心に、一都三県における相続などに関するご相談を広く承っております。

相続手続き、遺言執行、家族信託、成年後見制度等、お困りの際にはお気軽に当法人までお越しください。

代表を務める田近淳は、「司法書士」のみならず、「相続診断士」及び「民事信託士」の資格を保有しています。

メルマガ無料配信中 企業の成長と発展に役立つ情報満載!

お知らせ

法人概要

商号 一般社団法人すまいる相続・後見・信託センター
所在地

〒241-0814 神奈川県横浜市旭区中沢3丁目32番10号

【営業所】
〒241-0024 神奈川県横浜市旭区本村町105番地 ラテール旭2階
(田近淳司法書士事務所内)
電話番号 045-489-4860
営業時間 9:00~19:00
定休日 土日祝日(予約可)
相談料 初回相談・見積無料(60分)
アクセス 【営業所】 相鉄線二俣川駅(北口改札)から徒歩4分
関連サイト 田近淳司法書士事務所ホームページ